尾澤瑞樹ピアノ教室

町田市玉川学園のピアノ教室です。ホームページはhttp://ozawamizuki.web.fc2.com/

「ピアノを習っていました」はステータスを表す?

先日のブログでも書いた、受験生が時々狂ったようにピアノを弾くということが、
私の中で、レッスンのちょっとしたヒントになっています。

音楽は、一般的な学部の受験に必要な能力でもなければ、
衣食住を成り立たせるために欠かせないものでもありません。
受験などの人生の関門に差し掛かった時には、
勉強時間を奪われる邪魔者になることすらあります。

だから、音楽を学びたい(学ばせたい)と思う気持ちに、
指導者がどうこたえられるか。

あくまでもひとつの見方ですが
「音楽を通して何を学び体感するか」というのが
その答えになるかもしれません。

これは、私個人の感覚ですが、音楽を奏でることはものすごくパワーがいります。
運動能力としてのパワーはそこまで高くないかもしれませんが、
約2時間の演奏会を弾き終えたあとは、なんだか全身の様々な回路が熱くなっているような感じがします。

演奏は、楽曲と向き合い、自分の内面にある何かを探り、それを音に乗せて紡いでいきます。
その時々によって微妙に異なる音を聞き取って、即興的にバランスを保って演奏をつなげていく。
そのせいか、練習した後は頭が疲れていることが多い。

これはもしかしたらおしゃべりに似ているかもしれません。
話題に対して自分の考えや体験を交えながら話すこと。

でも不思議なのは、例えば私が30分もずーっと一人で喋っていてもつまらないです。
相手がいて、会話が成立しているならまだしも、
例えばそれが部屋の中で一人で意気揚々と喋っていたら、少し自分自身を疑ってしまうかもしれない。

これがピアノを演奏している状態だったら、別に不思議ではないことです。
ものすごいパワーを使って、何かの曲を弾いてみる。
それは程よくあいまいに表現されている「音楽」だからこそ、
もしかしたら言葉にはならないような微細な感覚すら、そこに流れ出るかもしれない。
誰に聞かせているわけでなくても、そうやって自分が解放される瞬間を得られるときもあります。

冒頭に書いた生徒さんは、そんなピアノが弾ける自分なりの意味を、少しだけ手に入れたのかもしれません。


ピアノを学ぶ中で、何かの「履歴」を持ちたいという気持ちはわかります。
また、そういったものが音楽への興味をより強めてくれるケースもあります。
ただ、あまりにも強く履歴を求める傾向に進めば、
もしかしたら音楽を学ぶことがただひとつの資格のようなものにしかならないかもしれない。
英語がすごーくできるとか、なんだかそういうことの方が
資格としては役に立ちそうです。

どんな学び方をしても、どんなことを求めても構わないです。
しかしできることならば、音楽に、音楽を奏でることに魅力を感じられるようになってもらいたいと思います。

テーマ:ピアノレッスン - ジャンル:音楽

  1. 2018/02/17(土) 12:17:07|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0

なんで練習してこないの

『なんで練習してこないの!?』

この言葉をそのまま生徒にぶつける先生もそうはいないと思いますが、
レッスンの中でこんなようなことを言われたことがある方は、一定程度いるのではないかと思います。
前回のレッスンで言われたことが全く直っていなかったりすれば、
それは単純な練習不足か、真面目な取り組みができていなかったと思われるわけです。

でも、『なぜ』練習をしなかったかという問題はとても難しい。
明確な理由があって練習を拒否したのであれば、それは答えも見つかりやすい。
しかし、練習をしないことを積極的に選択した覚えはなく、
練習しないまま今日を迎えてしまっただけならば、その理由はなんとすれば良いのだろう。
『私の脳が練習をしろという信号を発しなかったためです』とでも答えておこうか・・・

音楽を演奏することに積極的で、課された宿題を順調にこなしていく生徒さんであれば、それは先生も(親御さんも)『手間のかからない』理想的な生徒かもしれません。
でも「なんとなく音楽に興味がある」くらいだと、どんな風にレッスンを進めていっても、その興味が必ずしも順調に膨らみ続けるとは限りません。
だから練習もさぼりがちになるし、他のことが忙しくなればピアノの練習はどんどん後回しになります。

こう書いてみると、練習をしてこなかった(できなかった)ことを責めても、あまり有益な感じはしませんね。

だから、『なんで練習してこないのか』は本人だけでなく指導者も一緒に考える必要があります。
いや、誤解の無いように最初に書いておきますが、本質は自主性の話だと思います。だから指導者側が考えればそれで済むことではありません。

ただ、練習をしてこないケースは、細かく見てみると本当に様々です。
理由はなんであれ『怠けた』に等しいケースもあれば
『練習したつもりが、実はただの快楽に浸っていただけだった』とか、
『そもそも何を練習しているのか自覚がない』とか、そんなことだってあり得るのです。

その『練習しない』理由を、指導者はできるだけ本人の状況を考慮して判断する必要があります。
練習が十分でなかった理由を考え、本人に促し、練習をするための具体的な策を、本人とともに考えていく。実践されるまでこれを何度も繰り返して、一緒に前に進んでいく。

これが私の考える『なんで練習してこないの』の対処方法です。

手間もかかるし、非効率な時もあります。
でも、叱られることだけが動機だったり、競い合いの結果を得ることだけに練習の動機を求めていては、いずれ現実とのズレが生じてしまうものだと思うのです。
生徒さんが大事に音楽と付き合えるようにするには、やはり指導する側が向き合わなければならない一定の責任があります。

そう考える私からすると、「練習をしてこない生徒は困ります」なんてことを当たり前のように言っているのは、少し変な感じがします。
十分な練習をする生徒が当たり前ならば、講師にとっては大変効率的です。
あるところで割り切ってしまえば、「練習の仕方」なんてことを考えずとも、課題を出して、その進度を図ることでおおよそのレッスンが済んでしまいます。
運が良ければコンクールなどにも通ってくれて、指導者の評判もあがる。。。

私のように音楽を専門に学んできた者達は、数百年前から様々な音楽家たちが試行錯誤を重ね、演奏芸術の可能性を探ってきた「軌跡」を受け継ぐ役割をいただいています。
それをどのような生徒さんに対しても、真摯にお伝えしていくことは、ある意味私たちの責任です。
音楽家が生きていくために、ある種の産業化は致し方がないにせよ、学ぶ者の立場にも視点を持ち、正しく伝えようとする努力をしなければならないと思い、日々レッスンをしています。


笑いのネタ程度のことを書こうと思っていたら、なんだかやたらと長くてつまらない文章になってしまいました。。。おしまい

テーマ:ピアノレッスン - ジャンル:音楽

  1. 2018/02/15(木) 22:04:02|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0

がんばれ受験生

受験シーズン真っただ中。
私の生徒さんも、今年は5人高校や大学の受験に挑んでいます。(音楽系ではないです)

そんな生徒さんの親御さんから
「時々狂ったようにピアノを弾いています(笑)」
とのご報告が。

しばらくレッスンに来ていないので、もしかしたらちょっと狂っちゃってる感じの演奏なのかもしれませんけれど、
ピアノがこんな形で気晴らしになってくれるなんて、なかなかじゃないですか。

考えてみると、私も子供のころはよくピアノにぶつけていました。
嫌なことがあったり、寂しい時や、とても楽しい気持ちになった時ほどピアノを弾いていたものです。
もちろんレッスンの曲ではなくて、勝手に。

幼いころから傍にあったアップライトピアノが去っていくときなんか、ずっと泣きながら弾いていた記憶があります。

そんなことを思うと、音楽って不思議な力のあるものだと、あらためて感じます。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

  1. 2018/02/10(土) 12:53:10|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0

皆既月食

皆既月食20180131

1月31日22時47分ごろ、我が家のベランダから。
(LUMIX GX7 175mm)
天体に特別興味があるわけではないのだけど、眺めてみました。赤い月。
皆既月食の説明はこちら。
https://www.nao.ac.jp/astro/feature/lunar-eclipse20180131/


このあとは雲がかかってきてしまいました。

今日のレッスンで大人の生徒さんが素敵なことをおっしゃいました。
「200年、300年とずいぶん昔の作品を演奏させてもらうとき、当時のことを想像してみたりします。
でも、景色や空気って(多少の違いはあっても)当時と変わらないものを見たり感じたりすることのできることですよね。」

過去の偉大な音楽家たちも眺めたであろう月です。
  1. 2018/02/01(木) 00:17:40|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0

電子ピアノを本番で使う

12月2日のコンサートは、電子ピアノで弾かなければならないのです。
電子ピアノに対して否定的というわけではありませんが、
電子ピアノとアコースティックピアノは異なる楽器という感覚を持つので、
電子ピアノの本番は楽器の扱いを含めて勇気と割り切りが必要です。
これまで記憶にある範囲では、1度だけ合唱伴奏を電子ピアノでしたことがあります...

で、今回はヴァイオリンとドラムとピアノのアンサンブル。
曲目もクラシックではなく、ジャズやアイリッシュ音楽がほとんどなので、
正直、楽器からなにもかも専門外。
同じ音楽ですからジャンル分けするのも違うかもしれませんが、
でもやはりそちらの専門の方から見たら、違うところもあるはずです。
ですからある意味、いつも以上に緊張しています。
今回はドラムの方がジャズ系の方なので、ご指導を賜りながら進めています。

さて、その電子ピアノでの本番にあたって、ちょっと考えていることがあります。
慣れない電子ピアノをどう弾きこなすかということは、私の個人的な問題として置いておきます。
私がそこまで責任持てるのかっていう内容でもあるし、考えなければそれまでかもしれないことです。

題して「アコースティックの楽器と電子楽器で、どうやってバランスをとればいいのよ?」

音量だけで判断してしまうことなかれ、音が響くということはそんなに単純ではないはずです。
理系のお勉強ができない私にとっては、これを理論で説明できません。
でも、経験上「大きい=遠くまで響く」は違っています。

音色という問題は電子ピアノではひとまず置いておくとして、
アコースティック楽器の発音というのは、その楽器の様々な部分が振動して空気に揺れを生じさせています。
私が普段弾いているピアノは、2m前後の物が様々に振動するもので、その楽器の奥行きを感じながら弾き方を考えているわけですね。

音の指向性という意味では、鍵盤に向かって右側により響くように作られていますが、左側も正面も、そして下部も
音量的には同じくらい大きく発音されているように感じます。

対して電子ピアノは2個~数個の数センチのスピーカーが本体のどこかに配置され、そこから音が鳴ります。
箱そのものはMDFだったりしますから、その箱にどう響くかということはさほど配慮されていないように思います。
(そういうことを考えて作られている電子ピアノもあるようですが、それが良いかどうかは使う目的次第・・・)

スピーカーですから、基本はそのスピーカーの正面方向に向かって音が出ます。
多くの電子ピアノは、遠くに音を響かせることよりも、奏者に対してどう聞こえるかで設計しているような感じがしますから、
これをアコースティック楽器とアンサンブルするときに使うと、どこを聞いたらよいか、とても悩むのです。

そして、電子ピアノの音は基本通らない!空間に放出されると、あっという間に減衰してしまうような気がします。
かといって、ピアノから遠く離れた場所からもピアノの音が鳴ってたりするともっとわからなくなりますから、
「通らないからスピーカー遠くに増設しておくね」みたいなことをしてしまうわけにはいきません。

といったあたりのことが、私の頭を駆け巡っています。
手持ちのちっこいスピーカーでも持って行って、電子ピアノ近辺で適当な場所に置いてみると、
スピーカーの数が増えた分だけ、多少音の広がりが出るのかもしれないとか思いつつ、
私が持っていける物は音の良いスピーカーでも無いので逆効果かかなとか考えつつ・・・

.......やっぱり今回はそこまで責任持てない話のような気がしてきた。現場で悩む時間も無いようだし。

ちなみに、アコースティックの時は、ピアノの位置からタイヤの向きまで結構悩む派です。

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

  1. 2017/11/28(火) 00:00:45|
  2. 雑記
  3. | トラックバック:0
次のページ