尾澤瑞樹ピアノ教室

東京都町田市玉川学園のピアノ教室です。ホームページはhttp://ozawamizuki.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

ソルフェージュの課題をつくる

現在ソルフェージュのクラスは1クラスのみ。一般的な中級相当だと思われます。
聴音課題は、基本的に自作です。というのも、初級内容を経て中級相当になったわけではなく、ピアノ実技で培った音感の裏付け的にソルフェージュクラスが成立しているので、いわゆる『ソルフェージュのための課題』に不慣れなのです。
ですから実践的な音楽に近く、かつ要素をまとめた短めの曲が適していると考えて、こうなると市販の課題を探すより自分で作ってしまえば早い。

えっ?教材費が浮くとか、そういう大人の事情ではないですよー。

でも、リズムやら新曲視唱というのはそれなりに市販の課題が使えていたのでそれらを使っていたのですが、ここ最近効率の悪さが目立ってきました。

和声感覚を身に付けさせようと、和声聴音や和音度の勉強を始めてみたのですが、どうにもみんな頭を抱えています。
普段あんなにピアノで和音を弾いているというのに、いざ頭で考え出すと整理がつかないのですね。

じゃあ、新曲視唱で歌ったものの和声を分析しながら歌ってみたら、音楽的な流れと一致するのではなかろうかと。

伴奏付の新曲課題もありますが、伴奏音型が動いちゃってると、いちいち整理させるのに手間取るし、わざとコジャレた(でもさほどセンスの良くない)伴奏よりもシンプルなものが良い。

というわけで今朝は新曲の課題作り。

ここでふと考えさせられました。
普通に考えたら、今のクラスでは転調や借用和音は使わず、基本の和音だけで作る方がすっきりわかりやすい。
でも、それだとちょっとつまらないのですよね。だってピアノではもっと面白い曲を弾いてしまっているわけですから。
やっぱりここは近親調からお借りするくらいのことはしても良いでしょう。2度七なんかもいけるかもなぁ。
あっ、じゃぁ歌は2声にしたら流れがわかりやすいじゃん!

とかやっていました。
結果、音符はわかりやすくすっきりしていますが、そこそこ中身の詰まったものになってきましたよ。単純っちゃぁ単純ですけどね。
さぁ今日のソルフェージュは少し大変ですな。
スポンサーサイト

テーマ:ピアノレッスン - ジャンル:音楽

  1. 2015/10/19(月) 11:03:02|
  2. 日々のレッスンから

11月7日 室内楽のコンサート

雑記ばかりを載せないで、コンサートの告知をしなさい。
と友人から突っ込みが入りました。

11月7日、国立にある小さなサロンで、ヴァイオリンとのduoです。
コンサート最後はチェリストの海老沢洋三さんとともに、ピアノトリオも演奏します。

お座席最大で40席ですので、お申し込みはお早めに。

※1:画像にある電話番号はどうやらミスプリのようです(笑)メールでのお問い合わせをお願いいたします。
※2:複数のお子様から『ドリンク付ってなに、ドリンクバー!?』とギラギラ目を輝かせながら尋ねられておりますが、ファミレスではございませんので悪しからず。休憩時にソフトドリンクのみ、櫻子さんからのおもてなしでごさいます。

sakurakokunitachi

ヴァイオリニスト・皆川櫻子さんのホームページはこちら。

尾澤瑞樹ピアノ教室

テーマ:クラシック - ジャンル:音楽

  1. 2015/10/12(月) 10:20:18|
  2. コンサートのご案内

思うようには進まない

去年の後半から少し重たい本番に出演させていただける機会が増え、その間にも生徒さんのコンクールや発表会を挟み、8月31日に小~高校を過ごした地元でのソロリサイタルを境に『よーし、勉強するぞー』と秋のコンサートスケジュールは入れないようにしていたわけですが、想定と違いそれなりに忙しい日々を送らせていただいています。

この秋に4曲ほど取りかかろうと思っていた曲があったのですが、残念ながら未だに1曲も手をつけておりません。

それが不満だったり不安だったりすることもなくはないのですが、考えてみればいつもそんなものなのですね。
やりたい時にやれることなんて本当にわずか。すき間を作っては少しずつチャレンジするしかないわけで。
生徒さん達もそれは同じく。『やらなければならないこと』と『やりたいこと』の間にたって各々の人生を力強く歩んでいます。
そこにわずかでも力を添えられるのならば、講師という立場からとても嬉しいことです。

と、こんな独り言ブログを書いている間にさっさとピアノに向かうべきですね。
だって、プレトニョフの演奏するパガニーニバリエーション(ラフマニノフ作曲)が何度聞いてもうますぎて雑務が進まないのであります。(CDを止めるべきだというご意見ありがたく頂戴いたします)
  1. 2015/10/12(月) 09:39:56|
  2. 雑記

レッスン時間が60分であること

私のクラスは、基本のレッスンが60分です。
正直、あまり効率的なレッスン体系ではないし、受け持てる生徒さんの人数が限られることから、それなりにリスクもあります。
でも30分レッスンは基本的に受け付けていません。(未就学児などは一時的に短いレッスンで慣れてもらうこともあります)

時々(ほんと、時々)30分レッスンの伴奏にうかがったりしますが、「ここまで」という線引きがものすごく手前のところにあってびっくりします。
もちろんそれでうまくならないとは言いません。限られた時間のなかで、先生は瞬時に見極めて必要なことを教えるし、生徒も相応の集中力で実践することは、時間の長さには関係ないものがあります。

ただ演奏行為には、技術的な課題の改善と、音楽解釈が深く関わっています。
技術的なものは、体がその状態に慣れるまでにそれなりの反復を要しますし、技術的改善と共に楽器の扱いが変わり、そこから解釈にも変化が生じていきます。
場合によっては、ひとつの形だけではなく、様々な角度からの実践を行うことで、それまでには感じることのできなかった音楽を見つけ出すことができます。

そんなことはあーだこーだやっていれば、60分はあっという間です。
練習に時間を割くことができる方ならば、同時に進める曲も多くなりますし。
やはり私は60分(以上)のレッスンで学びとることは、単純に30分の2倍ではないように思います。

そんなこんなで、レッスン枠が限られている私のクラス。定員に近い状態が続いております。
それに加えて、レッスン以外に演奏の機会もちらほらございまして、入室後も生徒の皆様には、スケジュールの調整など、かっちりとしたお教室に比べると、ご協力していただくことが多くございます。
おひとりおひとりと真剣に向き合ってレッスンを行っておりますが、こればかりは教師専業の方と比べますと、生徒さんにはご迷惑なことが多く発生し、大変心苦しいことです。
何卒ご理解くださいませ。

テーマ:ピアノレッスン - ジャンル:音楽

  1. 2015/10/06(火) 00:23:43|
  2. レッスンのご案内
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。