FC2ブログ

尾澤瑞樹ピアノ教室

町田市玉川学園のピアノ教室です。ホームページはhttp://ozawamizuki.web.fc2.com/

ソルフェージュの課題をつくる

現在ソルフェージュのクラスは1クラスのみ。一般的な中級相当だと思われます。
聴音課題は、基本的に自作です。というのも、初級内容を経て中級相当になったわけではなく、ピアノ実技で培った音感の裏付け的にソルフェージュクラスが成立しているので、いわゆる『ソルフェージュのための課題』に不慣れなのです。
ですから実践的な音楽に近く、かつ要素をまとめた短めの曲が適していると考えて、こうなると市販の課題を探すより自分で作ってしまえば早い。

えっ?教材費が浮くとか、そういう大人の事情ではないですよー。

でも、リズムやら新曲視唱というのはそれなりに市販の課題が使えていたのでそれらを使っていたのですが、ここ最近効率の悪さが目立ってきました。

和声感覚を身に付けさせようと、和声聴音や和音度の勉強を始めてみたのですが、どうにもみんな頭を抱えています。
普段あんなにピアノで和音を弾いているというのに、いざ頭で考え出すと整理がつかないのですね。

じゃあ、新曲視唱で歌ったものの和声を分析しながら歌ってみたら、音楽的な流れと一致するのではなかろうかと。

伴奏付の新曲課題もありますが、伴奏音型が動いちゃってると、いちいち整理させるのに手間取るし、わざとコジャレた(でもさほどセンスの良くない)伴奏よりもシンプルなものが良い。

というわけで今朝は新曲の課題作り。

ここでふと考えさせられました。
普通に考えたら、今のクラスでは転調や借用和音は使わず、基本の和音だけで作る方がすっきりわかりやすい。
でも、それだとちょっとつまらないのですよね。だってピアノではもっと面白い曲を弾いてしまっているわけですから。
やっぱりここは近親調からお借りするくらいのことはしても良いでしょう。2度七なんかもいけるかもなぁ。
あっ、じゃぁ歌は2声にしたら流れがわかりやすいじゃん!

とかやっていました。
結果、音符はわかりやすくすっきりしていますが、そこそこ中身の詰まったものになってきましたよ。単純っちゃぁ単純ですけどね。
さぁ今日のソルフェージュは少し大変ですな。
関連記事

テーマ:ピアノレッスン - ジャンル:音楽

  1. 2015/10/19(月) 11:03:02|
  2. 日々のレッスンから
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://ozawamizuki.blog.fc2.com/tb.php/31-3c159471
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)