FC2ブログ

尾澤瑞樹ピアノ教室

町田市玉川学園のピアノ教室です。ホームページはhttp://ozawamizuki.web.fc2.com/

月曜ソルフェージュ

本日からソルフェージュクラスに新たなメンバーが入りました。
実はこの夏からピアノが2台になりまして(そのご報告はまた今度)、三人を想定して机を作り替えたのですが、四人となるとまた話が違いまして、以前の机を引っ張り出して、狭い空間にデカイ机が二つになります。
ピアノを境に左右に2名ずつ座ることになるので、私は右へ左へ。ちょっと疲れます。

さて、最近このソルフェージュクラスは楽典のお勉強を進めておりました。といってもまだまだ初歩的内容ですが、そのせいで新曲視唱や聴音が少な目になっていたので、今回は楽典はパス。

毎回新曲視唱も聴音もほぼ自作品ばかりなので、たまには市販の一般的課題もやらせてみようと、新曲視唱は桐朋の教材を出してみました。
んーーーーーなんか懐かしい。この「この音程とりにくいでしょ?あっここはリズムの引っかけね」みたいな課題の数々。
算数の計算ドリルみたいな、ひたすら形を覚えるようなこれらが、子供たちにとってはもしかしたらわかりやすく分類されたものなのかもしれないけれど、僕にとっては面白くないものに感じてしまう。

そんなことを思いながら、ふと高校時代の和声の授業を思い出しました。
バス課題を解いていた頃なので多分一年生かな。採点をしてもらうため課題を解いては先生のもとへ行くわけですが、そのときのある先生のこの言葉が大好きでした。
「理論的には間違っていないけど、美しくないからダメだね。なんでこんな音の流れになるわけ?」
生徒の解いた課題を美しさで判定する。ほにょほにょとした口調で、ザクッと否定してくるこの先生の課題はとても音楽的でした。
一方で「これは美しく響くけれど、今はまだ使ってはいけないことにしている理論だからもうちょっと考えて」と、美しければなんでもOKなわけでもなく、ある制約の中で探していく面白さも同時に知ることができました。

.....話がそれました。
そう、だから今日の新曲視唱はさらっとおしまいにして、聴音。
こちらは自作で。和声的なニュアンスや対旋律を含む曲を両手で弾き、そこから主旋律のみを書く。余裕があれば和声も考えてみる。そんなことをやってみました。
あえて主旋律と対旋律を紛らわしいところに置いてみたら、見事!その2声を聞き分け.....

られない( ´△`)

工夫して弾いてみたり、ちょいちょいヒントを与えて、やっと聞こえてきたみたい。
旋律に対するセンスをもっと磨かないといけませんね。対旋律もあまりはっきりわかっていないようだし。
うむ、次回どうやってみようか。。。
関連記事

テーマ:ピアノレッスン - ジャンル:音楽

  1. 2016/10/17(月) 23:38:48|
  2. 日々のレッスンから
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://ozawamizuki.blog.fc2.com/tb.php/38-a040c029
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)