FC2ブログ

尾澤瑞樹ピアノ教室

町田市玉川学園のピアノ教室です。ホームページはhttp://ozawamizuki.web.fc2.com/

2クラスのソルフェージュ

昨日はソルフェージュのクラスレッスンを2クラス連続で。
普段のソルフェージュは、新曲視唱と聴音をメインに進めますが、昨日は2クラスとも少し内容を変えてレッスンしてみました。

まず昨年はじめた初級クラス。小2~小4の3人です。
伴奏付きの視唱課題を丁寧に歌ってウォーミングアップ。。。のつもりが30分かかりました。
旋律を歌うということに、いろんなヒントが隠れています。
その旋律からどんなイメージが浮かぶか尋ねると3人からどんどん出てきます。
もしかしたら一対一のレッスンではここまでたくさんのイメージを描けなかったかもしれません。
そこに伴奏の和声を聞いて、フレーズを考えてブレスを考えて。

歌で刺激された感覚を、今度はメロディの作曲へ。
イメージを持たせるためにまずは言葉を考えてみます。
お題に対して連想する言葉をあげて、短い文章を考えるだけ。
この言葉の連想もなかなかおもしろい。
「夜」から連想させてみたら、星座や月などが出てくるとともに、太陽と。
ほぅ、太陽の隠れた夜から太陽を連想するとはなかなか面白いものです。
あとは音の流れやイメージを崩さないように音符を並べてもらえば作曲終了。

続いて中学生のクラス。今は二人だけでのレッスンです。
もう長く通ってくれている二人で、二人ともよくピアノも弾くし、歌もうまい。
今日は残念ながら1人風邪気味で声が枯れていたので、ピアノを使って歌を表現することにしてみました。
使ったのはバロック時代のアリア。
ドイツ語の歌詞もついているので、日本語とは異なる言葉の響きでどこに音楽的なストレスがかかるかを考えてみました。

そして、残りの時間はフーガの分析。
分析といっても、ものすごい難しいことでもなく、テーマにどんな特徴があるか、その特徴が曲の中でどう使われているか、モティーフとモティーフの関係がどう動いているかを分析するくらいのことです。
最後はパート毎に分担して2台のピアノで合わせてみました。
ピアノのレッスンの時もできるだけアナリーゼをするようにしていますが、ここまでじっくりとはなかなかいかないもの。
さらに私を含めて3人でそれぞれのパートを別の楽器で弾くというのは、三声のアンサンブルを聞き取るのにとても有効でした。

積極的に音楽に触れてくれる生徒さんたち。楽しいレッスンでした。


尾澤瑞樹ピアノ教室
http://ozawamizuki.web.fc2.com/
関連記事

テーマ:ピアノレッスン - ジャンル:音楽

  1. 2018/01/30(火) 07:31:57|
  2. 日々のレッスンから
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://ozawamizuki.blog.fc2.com/tb.php/59-cf1c79d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)