FC2ブログ

尾澤瑞樹ピアノ教室

町田市玉川学園のピアノ教室です。ホームページはhttp://ozawamizuki.web.fc2.com/

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

対位法をピアノで奏でるとき

音楽学校に進学した人ならば、対位法という授業を受けたことがある人が大半だと思います。
「対位法」についてウィキペディアでは


対位法(たいいほう)とは、複数の旋律を、それぞれの独立性を保ちつつ互いに調和させて重ね合わせる技法、ないし音楽理論である。


と書かれています。
うーん、その通りなのですがピンとこない。要するに、複数の旋律(=メロディ)を重ね合わせて調和させることなのだけど、これをピアノで演奏するときはどんなことを注意したらよいのか。それが感覚的に身につくようにするためには何が大切なのか。

私を含め、ピアノを学ぶ多くの人は「旋律を奏でる」ことに不慣れです。
こう書くと、『いやいやほとんどの曲で弾いてんじゃん!』と突っ込まれそうですが、ピアノで奏でると、おおよそ和声やら別の旋律を同時に奏でているわけです。
複数の音を同時に奏でられることは、ピアノという楽器がほかの楽器と異なる面白いポイントですが、それ故に私たちは旋律だけを美しく奏でることと、ほかの要素を伴ってコントロールすることが同じになってしまいがちです。

当然、メロディにはハーモニーが潜んでいて、別のメロディとの絡み合いも意識して弾くものです。だからほかの要素を伴ってコントロールすることは重要です。
しかし旋律そのものを抜き取った時にも、そこにメッセージが現れるほどに美しく奏でられる必要があります。
ほかの楽器の場合、ピアノほど音を重ね合わせられませんから、もっともっとその一つのラインに丁寧な表現をのせようとするわけです。

冒頭にも書きましたが、対位法は複数の旋律の重なり合いです。それぞれの旋律を美しく奏でつつ、お互いのバランスを聞き取ります。
ということは、一つの声部だけで弾いて美しい表現を感じ取ること(自分の中から発する感覚)ができるようになっていたい。
(対位法の曲のレッスンでは、必ず一声ずつひも解きましょう)

でも、ひとつ私たち日本人が注意しなければならないことがあると思います。
それは主に【音の高さの変化を感じるとき】に重要なことかもしれません。
言語感覚って、音楽を奏でるときに相当に影響があるもので、私たち日本人の言語は『音の高低』が重要になります。
そのため、音が上がるとか下がるということが、他のいろいろな音楽的要素(和声感やリズム感、様式感など)を、どうやら犠牲にしてしまうときがあるようです。
加えて、学校で歌う曲の大半は、日本語にメロディをつけているので、日本語的な旋律の動きが染みついています。

ですから、歌うことや、たくさんの曲を聴くということはとても大切ですね。自分が演奏する曲を歌ってみたり、ピアノ以外の曲もたくさん聴いていること、これが少しずつ自分の中に「美しい旋律」の感覚を養う、もっとも着実な方法だと思います。
そして対位法を理解していくのだと。


...などと書き連ねてみたものの、私は学生時代の対位法の成績がとっても悪かったです。ぅぅぅ


関連記事

テーマ:ピアノ - ジャンル:音楽

  1. 2018/02/04(日) 09:22:50|
  2. 日々のレッスンから
  3. | トラックバック:0

トラックバック

トラックバック URL
http://ozawamizuki.blog.fc2.com/tb.php/61-a8b89f5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。